建設業許可 神奈川県知事許可(般-19)第29886号 ホンマ工業(有)ホームページ

左官工事等でお困りの方は当社迄ご相談下さい。Tel 045-824-0802 Fax 045-824-0872

「どんなことでもコーチはいる」

億万長者メーカーと呼ばれる ダン・ケネディはそう言います。

コーチがいれば、当然 結果を出せるまでのスピードは速くなり 学ぶのに掛かる時間を短くできます。

成功している経営者ほど、 コーチをもつ重要性を知っています。

そして、一流の経営者は一流のコーチを つけているもの。

例えば、ウォーレン・バフェットがそうです。

バフェットはトランプに興味をもった時、 その分野で大成功を収めた人を プライベートコーチとして雇いました。

あなたも何かスキルを身につけたいなら、 コーチをつけるほうが 手っ取り早く成果を出せます。

ちなみにもし、あなたが経営者としての パフォーマンスを上げたいなら、

ダン・ケネディが推薦する 最適なコーチがいるのですが、、、

しかも今ならたった100円で そのコーチのノウハウが詰まった 対談音声&電子書籍(テキスト)を プレゼントしています。

http://directlink.jp/tracking/af/1295207/bIOJazMC/

ここにある2人の営業マンがいます。

ある営業マンは、、、

いつも3億円を超える住宅の契約書を 当たり前のように書いています。

一方でもう1人の営業マンは、、、

3万の携帯電話のセールスで しょっちゅう壁に突き当たっています。

2人とも仕事熱心で努力家で養うべき家族がいます。 しかし、その業績は驚くほど違います。

なぜ、ある営業マンは 多額のコミッションを受け取り、

一方で別の営業マンは、 暮らすのにやっとの収入しか得られないのか?

その答えはどこにあるのか? なにか魔法のようなテクニックがあるのか?

その答えこそがが、、、”消費者心理学”です。

これこれ人々にものを買わせるパワフルな原理です。 この原理は、セールマンが売っているものが 何であるかに関係がありません。

なぜなら、 あらゆるビジネスに有効だからです。

この「クロージングの心理技術21」は、 間違いなく役に立つ消費者心理学の強力な 21のテクニックを教えてくれるでしょう… ↓ http://directlink.jp/tracking/af/1153698/pSw71woV/

さらに、これらの原理をあなた自身の セールストークにどう組み込めばいいかを、 数十に及ぶ実際のスクリプトで示しています。

あなたはこの本を読むことで、 次のような秘密を知ることが出来ます・・・

・相手の意識レベルに応じて  あなたのセールストークを調整する方法

・恐怖という強い感情を利用して、  極めて頑固な相手さえ納得させる方法

・ライバルを打ち負かす方法

・セールストークで決してしてはいけないこと

・他人の信用を借りて… Continue reading

LINE株式会社の元CEO 森川亮氏が 初著作の中でこんなことを言っています。

「あれもこれも全部やるのは、 戦略ではない。 経営はわかりやすさが大事」

「本当に大切な1%に100%集中する。 シンプルに考えなければ、 何も成し遂げることはできない」

これらの言葉は 多くの経営者にとって 耳が痛くなる話ではないでしょうか?

・ついつい色んなことに首を突っ込んでしまう ・自分でやった方が早いと思う ・忙しく仕事をしていれば、いつかそれが報われると思ってしまう

しかし、真実は違います。

言ってみれば経営者・起業家とは、 「ある日突然放射能を浴びたクモに噛まれて、 スパイダーマンになった高校生」と同じです。

何かの拍子に、新製品や新サービスを生み出してしまったとか、 実家の事業を引き継ぐ事になったとか、 あるいは会社をクビになったとか。

そういったことがきっかけとなり、 あなたは経営者・起業家として 「ある種の能力」を手に入れてしまったのです。

・他の人が気づかないチャンスに気づく力 ・1日14時間労働を続けるエネルギー ・初対面の人にアイディアを売り込む度胸、など

ただ、こういった特殊な能力は同時に あなたの足をひっぱる元凶 にもなります。

なぜなら 「一人でなんでもできる」と 過信してしまうからです。

そうなればあなたは 「スーパーヒーロー症候群」を患う 起業家の仲間入りをしてしまうでしょう。

何もかも自分でやろうとして、 忙しさで身動きがとれなくなり、 自由もエネルギーもどんどん奪われていくのです。… Continue reading

「もし絶対に失敗しない保証があるなら、 仕事でやってみたいことは何ですか?」

もし、こう聞かれたらどう答えますか?

何をやっても絶対に失敗しないんだったら、 たった1度の人生で、 経営者としての人生で、、、

どんなことをやってみたいですか…?

イメージしてみてください…

ずっと叶えたいと思っていることは何だろう?

チャレンジしてみたいと思っていることは何だろう?

やり遂げたら、 自分の子供が自分を誇りに思ってくれるようなことは何だろう?

「お金のため」以外に働く理由は何だろう?

なんで、社長になったんだっけ?

夢はなんだっけ???

・・・

さて、、、 少し考えて頂いたと思いますが、

この「答え」が何なのかは、 実は今日の本題とは関係ありません。

もちろん、じっくり考える価値のある、 とても素晴らしい「質問」ではあるのですが、、、

この「質問」。

初対面の人と絆を作るのにとても有効な質問なんです。

新刊本「紹介の連鎖が永久に続く マル秘人脈活用術」によると、 これは「フィール・グッド・クエスチョン」と呼ばれる質問の一つ。

フィール・グッド=気分が良くなる

つまり、相手が答えるのが楽しくなるような質問をなげかけることで、 相手との距離を短時間で詰めるというテクニックです。

交流会や懇親会で名刺交換をし、 お互いの気持ちがほぐれたところでこういった質問をする。

そうすることによって、

=== 人はみな、夢を持っている。 目の前の相手の夢は何だろうか?

この質問は、相手に空想にふける機会を与える。 向こうはきっと、訊いたあなたの心遣いに感謝するはずだ。

「紹介の連鎖が永久に続く マル秘人脈活用術」… Continue reading

”顧客の意見に耳を傾ける”

ビジネスに携わる人間なら、 誰しもがわきまえるべき事ですが かの大企業コカ・コーラ社でさえ、 この点において過去に一度 大きな過ちを犯しています・・・

マーケティング史上名高いとも 言われているマーケティングの失敗例、 1985年に販売された「ニューコーク」 という商品にまつわるエピソードです。

CEO、ロベルト・ゴイズエタ(当時)は 当時最大のライバルだった「ペプシ」と コーラ戦争を繰り広げていました。

そしてロベルトはその戦争に 負けてしまうかもしれないという危機感から、 旧来の製法に替えて、もっと甘く、 炭酸が少ない新製法を導入することを ほぼ独断で決めてしまったのです。

そうして販売されたのが、 「ニューコーク」という新商品でした。

当時、敵側ペプシのCEOを務めていた ロジャー・エンリコは 初めてニューコークを試飲した時の 感想を皮肉してこう述べています。

「どうやってあんなものを こしらえたかは神のみぞ知るだが、 失敗作だったことは確かだ」

そして案の定、ニューコークは 販売からわずか78日後には消え去り、 旧バージョンのコカコーラが 「コカ・コーラ・クラシック」として 返り咲いたのです。

こうして、赤っ恥をかくどころか 会社に大きな損失まで出してしまった 当時のCEOロベルトですが、 もっと「味方を増やす技術」さえ身につけていれば こんな大失敗をする事もなかったでしょう。

共感する者を集め、味方を増やし、 新しい企画を通す具体的な方法さえ知っていれば、 ビジネスはもっともっとやりやすくなります。… Continue reading

あなたは知っていましたか?

なぜ、90%の起業家は5年以内に失敗するのか? なぜ、商品がよくても、技術があってもダメなのか? 起業で成功するための、たったひとつの条件とは…

この話は、 80%~90%の起業家が失敗する最大の理由です。 なので、 注意して読んでください。

ゲーリー・ハルバートという今は亡き、 世界で最高のコピー ライターと言われた男の セミナーでの話。

セミナーでゲーリーは参加者にこんな質問をしました。

「もし、オレとあんたらが ハンバーガー屋を始めたとする。 それで、誰 が一番売れるか競争したとする。 そしたら、あんたは、 その競争に勝 つためにどんな”条件”が欲しい?」

答えはバラバラでした・・・

「隠し味に使う秘密のソースが欲しい」 「最高のハンバーガーを作るた めに最高の牛肉が必要だ」 などなど、中には「最高の場所」と言った 者もいた。

ゲーリーはこう答えた。

「OK。あんたたちにその条件を全部くれてやろう。 全部の有利な条件 をあんた達にやった所で、 オレはたった1つだけ欲しいものがある。 それさえあれば、オレはあんた達全員を打ち負かす事ができるぜ」

「一体、何が欲しいんだ?」参加者は聞いた。

「オレがたった1つだけ欲しいもの、、、それは・・・」 彼は答えた・・・ ↓ http://directlink.jp/tracking/af/1168424/cmQnLHdj/

もしあなたが・・

・勉強しすぎて成功できずにいる ・やりたいことをなかなか実行に移せていない ・もっと自分のアイディアを試す行動力が欲しい

と思っているならこのCDプログラム ダン・ケネディの「8つのビッグ・アイディア」 がお役に立てるでしょう。 ↓ http://directlink.jp/tracking/af/1168424/KPbo9wCa/ この「8つのビッグアイディア」では、 トップクラスの起業家たちの 「パフォーマンス」「行動スピード」 に関する8つの秘密を公開しています。

行動のスピードに関して言うと こんなストーリーがあります

あなたは「クライスラー」 という会社をご存知でしょうか?

アメリカの車の製造をしている会社です。 トヨタやGMなどの競合です。

クライスラーは、一時期、経営危機になっていました。

当時CEOをやっていた リー・アイアコッカという社長は 打開策を探していました。

新しいアイディアはないか? 常に探していたのです。

ある日、工場の作業員が アイアコッカをつかまえて こう言いました。

「オープンカーにしたら、 絶対売れる車種があります」

この直訴の時に、 アイアコッカが取った次の行動は

役員会や商品企画を作ったのではありません。

彼が取った行動は その場で作業員に溶接用の ブローランプで屋根を落とさせ、

その車を自分で運転し、 周囲の反応を見に行ったのです。

その反応はどうだったか?

クライスラーはそのオープンカーの大ヒットで… Continue reading

警告:

もし、あなたが会社員なら、このビデオには あなた自身のこれまでの会社員人生を 自己否定することになるかもしれない内容 が含まれています。

ご覧になられる場合は自己責任でお願いします。

あなたは、このビデオを見ることで、

あなたがこれまでの会社員人生で 積み重ねてきた努力や、 それにかけてきた時間が

「すべて間違ったものであった」

と、自分自身で気づいてしまう、 認めてしまうことになるかもしれません。

でも、

もし、あなたがこれまでの会社員人生を振り返って、 自分の足元だけを見て、 ただ早く、ただ前に、 進みつづけてきた会社員人生だった、 と思うのなら、

あなたがこれまで進んできた道の その先がどこに続いているのか、 顔を上げて一度高い所から その先に目線を移してみる、

そうすることで、あなたが 望んでいる理想の状態、

それは収入かもしれませんし、 家族や子供との時間の過ごし方 かもしれませんが、

その理想の状態にたどり着くための、 正しい道を選び直すキッカケになれば、、、

このビデオを作ったのは、 そういう理由だからです。

ビデオはこちら ↓ 詳しくはこちら

もし、あなたが

・インターネットからの集客が伸び悩んでいる。 ・ブログやメルマガを始めたいが何を書けばいいか分からない。 ・最近、顧客に飽きられてきているのを感じる。 ・ネットの訪問者をお客に変える方法が分からない。

といったことに悩んだことがあるなら

この本 「お客が集まるオンラインコンテンツの作り方」 が非常にオススメです。

http://directlink.jp/tracking/af/1153698/po6jHAGN/

実のところ、ひと昔前は インターネットで商品を売るのは 比較的簡単なことでした。

ホームページに商品を並べておけば お客さんが自分から買いに来てくれて 放っておいても注文が入っていたのです。

ところが、今はもうそんな時代ではありません。 インターネットが儲かると知ったライバルが 次々に参入し、競争は激化の一途を辿っています。

広告費はどんどん高騰しているのに 売上がなかなか上がらないという苦しい状況に 多くの運営者は頭を悩ませています。

しかし、そんな状況の中でも 儲かっている会社は儲かっているのです。

では、インターネットで儲かる会社と そうでない会社の違いは何なのでしょうか?

それは「キラーコンテンツ」です。

コンテンツというのは顧客にとって 価値のある情報のことです。

例えば腰痛に悩んでいる人にとって 腰痛改善の情報というのは価値があるので コンテンツとなるわけです。

そして、そのコンテンツの内容が 優れていればいるほど、 顧客はコンテンツ提供者を信頼して

この会社に仕事をお願いしたいと 思うようになります。

今のインターネットの世界で 顧客が売り手を選ぶ決め手となるのは コンテンツ次第であると言っても… Continue reading

なぜ、ほとんどの起業家は稼げないのでしょうか?

実際、

1年以内に60%が倒産 5年以内に80%が倒産 10年以内に95%が倒産

というデータ からもそれは明らかです。

ただ、一部の起業家が 実際に稼げているのも事実です。

ではこの違いは一体何なのでしょうか?

「大富豪の起業術」という本によると それは起業家の才能でもなく 商品の良し悪しでもなく ましてや運なんかでもありません。

それは単にほとんどの起業家が 起業直後にするべき一番大事なことを おろそかにしているからだそうです。

この本の著者、マイケルマスターソンは 年商100億円以上の会社を2社、 50億円以上の会社を2社、 さらに10億円以上の会社を10社以上作る という

非常識な仕事をやってのけていて あの、ジェイ・エイブラハムが唯一リスペクトする というスーパー起業家です。

1社だけでも、年商数十億の規模の 会社を作るのはとても大変です。

だから、それをいくつも実現している彼は、 何かを知っているはずです。

何か、他の人が知らないビジネスの秘訣を・・・・・ 何か、何度も何度も成果が出るような秘訣を・・・・・

私もさっそく取り寄せたのですが 今ならこの「大富豪の起業術」が 特別価格で手に入ります。

しかも、 読んでみて気に入らなかったら返品できるそうです。

今、申し込みが殺到しているようなので ぜひチェックしておくことをオススメします。 ↓ http://directlink.jp/tracking/af/1153698/5Fwhitbr/

無料の小冊子プレゼント

無料の小冊子プレゼント

当ホームページ作成管理運営者のページ

当ホームページ作成管理運営者のページ

ブログ記事のカテゴリー