左官工事等でお困りの方は当社迄ご相談下さい。Tel 045-824-0802 Fax 045-824-0872

Monthly Archives: 11月 2015

世界的に有名なフランチャイズ事業の一つに、 ケンタッキーフライドチキンがあります。

創業者のカーネル・サンダースは お店のシンボルにもなっているので、 日本人なら誰でも一度は 見た事があるのではないでしょうか?

白いスーツに身をまとい、店頭で ニッコリ笑っている、あのおじさんです。

しかしそのカーネルおじさんなんですが、 実はめちゃくちゃ恐い人だったという事実を 知る人はあまり多くありません・・・

すでにお伝えしたように ケンタッキーフライドチキンは フランチャイズ事業です。

料理のレシピ、売り方、店名など 全てひっくるめて一つの パッケージとして販売し、 各チェーン店オーナーと契約を結ぶことで フィーをもらっているわけですが、

実はカーネルサンダースは かつてその契約内容を巡って 度々オーナーと口論を繰り返していました。

例えば、 契約義務を守らないオーナーがいようものなら、 彼はカウンターをドンドン!と叩き、 相手が震え上がるまで罵声を浴びせ続け、 自分の意見を押し通していたというのですから。

しかし、本当に驚くべきところは 彼のその怒りっぷりではありません。 特筆すべきなのは、あくまで彼が ”意図的に”怒りといった激しい感情を むき出しにしていたという事です。

この事実は、のちに彼の同僚によって 明々と語られています。

このように、相手の直感にアピールして 自分の要求を通す方法は 少なくとも”8つ”あると言われています。

カーネルが使っていた「感情を込める」 というツールを含め、 全8つのツールがこちらの新刊本、… Continue reading

「私たちの思考、感情、学習の95%は 意識されることなく生じている」

こう言ったのは、 ハーバード大学のマーケティング学の教授 ジェラルド・ザルトマンです。

人の脳というのは不思議なもので 普段私たちは頭を使って考えて 行動しているように思えますが、

実はほとんどの行動というのは 無意識の内になされています。

実際、朝起きて歯を磨き服を着て 会社に行く、、といった行動を 必死に考える人はいないでしょう。

つまり、好むと好まざるとにかかわらず 人の行動の95%は無意識のうちに 決定されているのです。

そして、この95%の無意識の力を マーケティングや広告・販売戦術に 活用することはできないのか?

そう考えたのが、人気ブログ 「Neuromarketing(ニューロマーケティング)」 の執筆者、ロジャー・ドゥーリーです。

ドゥーリーは、 カタログ販売のマーケターとして マーケティングの世界で頭角を現す一方、

脳科学や行動科学に興味を持つようになり、 独自に脳科学の最新知識を マーケティングの分野に活用した 「ニューロマーケティング」を研究。

この分野の第一人者となりました。

そして、ニューロマーケティングの 数々の研究結果をまとめたのが

この脳と心の科学本 「脳科学マーケティング 100の心理技術」 というわけです。

価格が脳に与える影響や 男性脳、女性脳の攻略法、 ケチな人に売る方法などなど、

目次を見るだけでも… Continue reading

15歳からジャグリングを始め、 高校の進学担当教師からは 「そのうち一文無しになるぞ」と言われ、

それでもプロのジャグラーに なろうとした一人の若者がいました。

男の名はバリー・フリードマン。

23歳の時には当時の人気トーク番組、 「ザ・トゥナイト・ショー」に ゲスト出演を果たしたりなど 高校教師の期待を大きく裏切り、 ジャグラーとして大成功を納めました。

しかし、 そんな順風満帆な生活も長くは続かず、 ある日マウンテンバイクに乗っていた彼は ひどい事故に遭ってしまったのです。

怪我が治ったとしても これまでのような満足のいく パフォーマンスができるとも限りません。

肩と鎖骨の手術を受け、 病院のベッドで回復を待つあいだに、 バリーはその後の生き方を考え直しました。

そこで彼が思いついたのが 「高額出演料の仕事を獲得する方法を 同じ業界のエンターテイナーに 指導する」というものだったのです。

そしてバリーは もともと自身が運営していた ジャグラー向け有料会員サイトの 会員わずか1000名あまりに対し

「プロダクトローンチ」という プロモーションをしかけました。

6日間かけて会員に3つの動画配信を行い、 「プロダクトローンチ」の手法を 愚直に実践した結果、、、

なんと彼は、2000ドル(約20万円)の コーチングプログラム限定15席を 申し込み受付開始から間もなくして 完売させてしまったのです。

それまでジャグリングしか やってこなかった彼が… Continue reading

皆さんは歌舞伎俳優の市川海老蔵さんのブログ記事を ご覧になったことがあるでしょうか?

彼は数多くの芸能人が使うことで有名な アメーバブログで不動のアクセス数を誇り、 すでにMVPとして殿堂入りを達成しています。

しかし、ブログを覗いてみると 決して「文章が上手い」とは言えない記事ばかりです。

むしろ写真や絵文字ばかりで 文章自体が異様に少なく、 かなり乙女チックな記事に仕上がっています。

もしかするとそのギャップが 功を奏しているのかもしれませんが・・・

実際の市川海老蔵さんのブログは下記のリンクからアクセスして下さい。

ABKAI 市川海老蔵オフィシャルブログ Powered by Ameba

もちろん、海老蔵さんはプロのライターではないですし、 文章力がなくても圧倒的な影響力があるので、 仮に下手っぴな文章でもファンは楽しんで読んでくれます。

では、芸能人のように 世間への強力な影響力がない状態で web上の記事を書く場合はどうでしょうか?

結論から言うと下手な文章は、 一瞬で読むのを止められてしまいます。

厳しい話、webサイトで商品やサービスのことを 見込み客に知ってもらいたいのなら、 見込み客に読まれないような記事は 存在価値すらないのです。

じゃあwebサイトを開設している会社は どこもプロのライターにお金を払って 執筆をお願いしなければいけないのかと言うと、 決してそんなことはありません。

”ちょっとしたコツ”さえ知っていれば、 見込み客を引き寄せ、結果的に 売りにつながる記事を書くことは誰にでもできます。

今回ご紹介する新刊本、 『コンテンツマーケティング64の法則』は そういう意味で間違いなく頼りになるガイドです。… Continue reading

商品を売るために最も大切なこととは 一体何でしょうか?

・見込み客を集める集客力 ・商品を売るための顧客リスト ・訴求力のある広告やチラシ ・販売力のある営業マン ・魅力のある商品

少し考えただけでも いろいろと思い付きますが、 実は一番大事なのはターゲットです。

どんなに優れた商品でも 相手に合った商品でなければ 絶対に売れないですし、

だましだまし売ったところで お客さんは商品に価値を感じないので リピート客にはならないからです。

逆に言えば、 適切なターゲットさえ選べば 売るのが下手でも商品は売れるのです。

エスキモーに氷を売ることはできませんが 砂漠で水を売れば飛ぶように売れるのです。

ですので、ビジネスで最も大事なのは 実は適切なお客選びと言えるでしょう。

この本「団塊シニアマーケティング」は そんなターゲットの中でも 「団塊シニア世代」に焦点を当てた一冊。

団塊世代は日本の人口の中でも 全体の8%と最も多くの比率を占め 年齢別に見ると最大の勢力です。

また、個人金融資産の60%は このシニア層が保有しており、 抜群の購買力を誇ります。

その上、既にある程度の財をなして 仕事の現場から一線を退き、 お金と時間に余裕のある セカンドライフを送る人も多いです。

従って、この世代に上手く フォーカスしてアプローチするだけで、 非常に有利にビジネスが展開できます。

ですので、もしあなたが、… Continue reading

1万件のリストを集めても 1千万円も稼げない…。

世の中には、そう嘆いている 起業家も多いと思いますが、

なんと、

わずか250件のリストだけで、 1億円を突破できる

そんな突き抜けた成果を生みだす秘密が 期間限定で【無料公開】されました。

それが、このリッチリスト・ビジネスです。 ↓ ↓ ↓ >> http://directlink.jp/tracking/af/1083807/XDS8dUZn/

この戦略は、あるコンサルタントが 10年間かけて開発したものであり、 すでに70業種以上で成功事例が 続出しているそうです。

その一部を紹介すると…

・コピーライター 100件のリストで年商6000万円

・コンサルタント わずか100リストで年商3000万円突破

・留学代理店A 年間500リスト程度で年商4億円

・留学代理店B 400人のメルマガリストで年商1.6億円突破

・世界No.1目標達成コーチの日本代理店 700件足らずのリストを元に3週間で売上1億円

etc…

成功事例は、まだまだ沢山ありますが、

なぜ、ごくわずかなリストから こんな数字を叩き出せるのか?

それは、

「今すぐ買いたいお客」を集め、 お客が「欲しがる商品」を売る。

という起業家、マーケッターにとって… Continue reading

どうもしばらくご無沙汰しております。

今回は、会社経営されている方つまり社長や経営者等 の悩みついて少し書きます。

よく社長の悩みで社員や従業員が思い通りに動いてくれない 叉は、いう事を聞いてくれないとか

自分の判断は正しかったのか?それとも間違っていたのか? 悩みぬく人もいれば

資金繰りに困って頭を抱えている人もいます。

そうかと言って気軽に相談する相手もおらず、ますます 孤立してしまう人もいます

そのような社長や経営者にこそ もっとも自分が望んだゴール(望み)

に導いてもらえるコーチに頼み コーチングを受けるのが非常に最適な方法だと私は思います。

そこで簡単にコーチングとは何か? と言う事について少し説明するのですが

人財開発の一つであり対話・傾聴・質問等によって 相手が本当に望んでいる願望や自己実現・目標達成等をさせるために

ゴール(望み)に導いてあげる手法叉は方法論であります。 コーチングを受けた人はコーチから投げかけられた質問等で新たな気付きによって

様々な行動変容をおこし 気付くと自ら納得して自分の望む方向に行動していくようになります。

ここで注意したいのがコーチングとは 決してコーチ自らアドバイスはしません ※ 場合によってはコーチングの手法ややり方によっては積極的に手案等をして いきもっと深く関わっていくやり方もあります

逆にコーチの巧みな質問術や提案によって あなたがもともと持っていた気付いていなかった 答え(あなたの中に眠っていた資源・リソースとも言う) を引き出したにすぎません

コーチングするうえで最も大事な事 それは、すべての人はすでに自分にとって 最もふさわしい答えをすでにその人の中に持っている と言う事です

そしてコーチはたとえクライエント(依頼者)自ら語った夢とか目標を語ったとして それでも相手のクライエント以上にコーチがその人の夢とか目標を実現できる と信じて応援する事 つまりこのクライエントはコミット(契約・約束) したことを必ず実行できると信じ切れるかどうか?… Continue reading

富豪で世界一の投資家ウォーレン・バフェットが 絶対に投資しない業界があります。

それが「航空会社」です。

彼は1989年に行ったとある航空会社への投資を 「間違いだった」と言って以降、 航空会社への投資を一切していません。

ビジネスモデルが「極端」で利益が出るはずがない、 というのです。

事実、業界の利益率はめちゃくちゃ悪く、 業界別の平均営業利益率ランキングを見ても、 航空業界はワーストグループの常連。

2000年以降の航空業界の平均営業利益率は マイナスになっている時も多くあります。

そんな中、

1973年以降、米国の景気の動向にかかわらず 黒字経営を続ける数少ない航空会社があります。

サウスウエスト航空です。

創業2年目から40年以上連続で黒字。

1991年湾岸戦争、90年前半の不況、 2001年同時多発テロ、2003年イラク戦争、 2000年中の原油高、2008年金融危機後の大不況の間、 利益を計上し続ける。 (航空業界は2001〜2005、 2008、2009年に赤字を計上している)

1972年〜2002年の投資収益は 全米すべての上場企業の中で最大。

最も働きやすい会社、全米ナンバーワン獲得。

求人採用倍率44.5倍(合格率2.2%)。

など、航空業界で飛び抜けて優秀な会社です。

その理由は「戦略」にあります。

教科書にもたびたび登場し、 「戦略の古典的名作」と賞賛される同社の戦略とは どんなものなのでしょうか?

======================== ※新刊本「スケーリング・アップ」p154 戦略の7階層 より ↓ http://directlink.jp/tracking/af/1153698/ZqYC8BMT/… Continue reading

どうもこんにちは

今回は前回のお記事でも予告しましたが

HP・ブログ・メルマガ等の本当の使い方!と言うテーマで書きます。 よろしくお願いします。

最近では殆どの業者はホームページを公開していると思います。

しかし中にはそうでないところがあります。 もしホームページを公開していない業者がいたとしたら

それは、すでに信頼関係が出来上がっている既存のお得意様を確保しているか

叉は非常に小さいビジネスモデルでホームページを公開する必要はないと考えている 業者や個人経営の事業者だと思います。

今回はホームページを立ち上げているにも関わらずいまいち反応が薄いと言うケース について少し記事にさせて頂きます。

集客等に何かの参考になれば幸いです。 まず第一に言えるのは、ホームページを公開するという事は、

それが、どのような業種であろうとも、 ネットビジネスに参入すると言う事をまずわからなければなりません、

そしてネットビジネスに参入するという事は、 インターネットの裏側には常に見えない 潜在的なお客が存在するという事でもあります それは、実際に店等を構えるようなリアルビジネスでもその真理に変わりはありません。

つまり実際に買ってくれるもしくは使用してくれるお客の心理を理解する事ができなければ、

今のビジネス(商売)と言うのはどんな業種であろうと 売るのは難しくなってきていると言う事でもあります。

一昔前の時代であれば強烈な営業攻勢をかけて電話しまっくたり飛び込み営業したり といういわば「お願いビジネス」が一般的だったかもしれません。

では今の時代どの様な手法があるのかとい言う事なんですが、

それを話す前に、まずは、最低限覚えておかなければならない

お客の心理と言う物があります。 それはなにかと言うと

基本的に人と言うのは人から何かを売り込まれるのは嫌いという事です。

せいぜい飛び込み営業などしたり電話営業したとしたとしても よくて「まあ一応考えとく」の 一言で終わってしまう場合もありますし 場合よっては「しつこいぞもう来るな」と

罵声を浴びせられ塩等まかれたりすることもあります。

ですから何度も言うように人は人から売り込まれるのは嫌なんです まずこの事を明確に理解しておかないと絶対に成果を上げる事は難しいでしょう。

更に言えば人と言うのは

物を買う特に高額な物ほど疑心暗鬼に陥りやすい所もあります ※… Continue reading

どうもこんにちは

今回はニッチな仕事や業界で上手く集客するには?

と言うテーマで記事を書いてみます。

よろしくお願いします。

世の中には、様々な商売があり中には世間一般には、あまり知られていないような 仕事や、人気のない仕事まで多種多様です

そしてそのような仕事等をやっていると。 仕事の質を磨いてお客様から信用を得て、会社が段々と軌道に 乗ってきます。

ですが、殆どの会社特に、あまり世間には知られていないような ニッチな商売や仕事もあるわけで、そのような仕事をしていると

メジャーでないが故に営業してもあまり効果がなかったり集客効果がなかったりします そこでその様に悩んでいる企業等は今からでも遅くはありませんので、

メルマガ(メールマガジン)を発行して下さい。

しかしこのような事を書くと、決まってこのように言ってくる方がいます

「メルマガ発行しろそれは分かった!でも書くネタがないし何を記事にしたら良いのかわからない」 よくわかりますその悩み、実は、私もそうでしたから(笑)

これは以外にも、メルマガだけではなく、ブログなどにもどんな記事を書こうか と言う風に悩んでいる方は個人・法人問わず悩んでいます、

ブログ記事にしろメルマガの記事にしろいろいろな記事があります、 ここでは記事のタイプを幾つか紹介します。

それは

日常(日記)系の記事

ノウハウ系の記事

暴露(裏話)系の記事

ニュース系の記事

大まかなカテゴリで分類すると大体このような 記事のタイプがあります。

まずは記事を書くことに慣れていない最初の内は 日常(日記)系の記事でもいいので書くことをお勧めします。

但し断っときますが、日常(日記)系記事は初心者には、 比較的書きやすいジャンルですが、

その反面飽きられやすいのです (※ あなたを知っている知人等見てくれるかもしれませんが)

中々読者の購読率が上がらないと言うデメリットもあります。 では一番読んでもらえそうな人気のジャンルは何か?

それは、ノウハウ系の記事です。 ノウハウ系と言ってもさらに様々なカテゴリがございますので、 幾つかピックアップしてみたいと思います。… Continue reading

無料の小冊子プレゼント
無料の小冊子プレゼント
当ホームページ作成管理運営者のページ
当ホームページ作成管理運営者のページ
ブログ記事のカテゴリー