左官工事等でお困りの方は当社迄ご相談下さい。Tel 045-824-0802 Fax 045-824-0872

Monthly Archives: 10月 2015

もし、あなたが、

・自分の頭で考えない指示待ち、判断待ちの部下にウンザリしている。 ・部下のポカミスの連続に頭を抱えている。 ・教えても教えても、部下が全く仕事を覚えてくれない。 ・部下の尻ぬぐいで自分ばかりが忙しい。 ・自分で判断して成果を出してくれる優秀な部下を持ちたい。

といったことに少しでも悩んだことがあるなら ちょっとこの文章をじっくりと読んでみてください。

一体、なぜこういった問題が起きるのでしょうか?

あなたは既に感じていることかもしれませんが、 仕事というのは厄介なもので、

自分でやると上手くできることが、 なぜか人にやってもらうと思ったように上手く進まず、 なかなか期待した結果になることはありません。

そればかりか、期待した成果を得るために 最終的にはその仕事を自分でやらなければいけない なんてことさえあります。

小さい仕事ならこれでも なんとかこなすことは可能です。

ところが、大きな仕事になってくると これだと回りません。

ですので、なにかしら大きな仕事、 大きなビジネスを成功に導くには、 人を上手に使って仕事を進める というのが非常に大切なポイントになります。

では、一体どうすれば 上手く人を使うことができるのでしょうか?

経営学者、ピーター・ドラッカーによると

人のマネジメントとは、人の強みを発揮させることである。 人は弱い。悲しいほどに弱い。問題を起こす。 手続きや雑事を必要とする。人とは費用であり、脅威である。

しかし人は、これらのことゆえに雇われるのではない。 人が雇われるのは強みのゆえであり能力のゆえである。 組織の目的は、人の強みを生産に結びつけ、 人の弱みを中和することにある。

と言っていて、

人にはそれぞれ強みと弱みがあり、 人の強みを発揮させ、弱みをチームで補完し合うことが 成果につながるのです。

野球のチームに例えると、… Continue reading

社長を雑務から解放して アルバイトに引継ぐ前代未聞の 『1人バイト総務部立ち上げサービス』。

そんな変わったサービスが 秋から始まるようです。 ※ヒーズ株式会社が提供

簡単に言えば、

「雑務は全て時給1000円のアルバイトにやってもらい、 社長が社長業に集中できる体制を3ヵ月で整えますよ!」 というものです。

確かにこういうサービスは 今の時代に必要なのかもしれません。

中小企業の場合、仕事を社員に引継ぎたくても 「引き継ぐ時間なんてない!」 というのが現状ではないでしょうか。

きっとマニュアルや引継ぎ資料を 作る時間すらとれないほど 日々の雑務に忙殺されてることでしょう。

とにかく中小企業には 時間も人材も足りていないのです。

だからこそ 『1人バイト総務部立ち上げサービス』 というものが生まれたわけですが、、、

ただしそういったサービスを 利用する場合は注意が必要です。

なぜなら他人に業務を 任せるということは同時に リスクを背負うことにもなるからです。

・この業務を他人に任せたら 顧客や見込み客との関係に どんな影響がでるだろうか?

・コスト優先ではなく、会社として 達成したい成果を一番に考えて 委託を決断しているだろうか?

少なくともこの二点を考慮せずに 仕事を他人に任せるのは 大変危険な行為なのです。

ちなみにこの二つのポイントは 今回ご紹介する新刊本『バーチャルCEO』 に書かれている内容の一部です。… Continue reading

もしあなたが、

・優秀な右腕が欲しい。 ・社員の尻ぬぐいばかりで困っている。 ・放っておくと社員が動かなくなる。 ・採用でどんな人を雇えばいいか分からない。 ・大事な事業を任せられる人材が欲しい。

というようなことを考えたことがあるなら この本「右腕採用力」養成講座は 非常に役に立つ1冊になるかもしれません。

http://directlink.jp/tracking/af/1153698/XCxTQFcz/

毎年毎年右肩上がりで伸びていく会社と そうでない会社の違いは何でしょうか?

それは優秀な右腕の存在です。

優秀な右腕がいると責任をもって 業務を切り盛りしてくれるため

業務上の細かい判断や トラブル対応といった問題に 社長自身が頭を悩ませる必要はなくなり

社長は本来の仕事である経営に 専念することができるのです。

実際、スティーブ・ジョブズにも ティム・クックという右腕がいました。

彼はアップルの大躍進を陰で支え ジョブズ亡き後の今ではアップルを率いて 現在も業績を伸ばし続けています。

中小企業にそんな優秀な右腕は来ない。 大企業の右腕の話など参考にならない。

もしかすると、 そう思われるかもしれませんね。

確かにティム・クックのような右腕は 来ないでしょう。

しかし、1億円規模のビジネスなら 回せる右腕は世の中にいくらでもいます。

それに優秀な右腕がいると ビジネスが楽になるのも事実です。

問題はその人材を見つけることが できるかどうかなのです。

そして、その優秀な右腕を見つけるための ノウハウを語ったのがこの本… Continue reading

なぜ従業員を雇うのか?

それは本来、会社の「利益」を 上げるためであるはずです。 それ以外の目的はないはずです。

であれば、あなたがすべきことは、 利益を上げるためのプランを練り、 そのプランに沿って従業員に仕事をさせる。

そして、 そういう仕事をしている従業員に報い、 そうではない従業員をカットすることです。

もしあなたが、大学のサークルのような 仲良しグループを会社で作りたいなら、 この本はオススメできません。

しかし、もし利益を上げることに集中したいなら、 儲かっている会社の経営者が絶対に口にしないような 真実を聞きたいのなら、、、

この本、ダン・ケネディの 「世界一シビアな社長力養成講座」が あなたのお役に立てるはずです。 ↓ http://directlink.jp/tracking/af/1153698/tBaIS27l/

今回私と同じような左官工事の専門工事業に携わっている方や 左官職人の方に是非とも読んでもらいたい本がありましたので、 その本をご紹介させて頂きます。 下記の本です。

この方は、現役の左官工事の専門業を経営している方が書いた本です。 ちなみに著者の経営していらっしゃる会社のホームページは下記のページになります。

有限会社阿久津左官店 内外壁の塗り替え・エクステリア工事

本の前置きにはこのような事が述べてあります。

一部引用します。

“マナーが悪い”“社会人としての基本的なしつけが身についていない”…… 「職人の教育」にお困りの方へ贈る「職人育成」ノウハウ! 近年、さまざまな業界で“職人”といわれる人たちが激減している。これは、職人になりたいという人が減っていることとともに、現在職人として働いている人の高齢化による引退などの原因が挙げられる。 しかし、その本当の理由は、職人を育成しようと考えている会社や職人をしっかりと育成できる会社がほとんどないからである。職人を自前で育成するには、時間や費用がかかるため、自社で職人を育成しようという発想がないのである。 だからといって、どんなに世の中が不況で、なかなか利益が上がらない状態でも、職人育成に力を入れることをやめようと考えてはならない。それは、卓越した職人の技術を必要とするお客様がいるからである。

と一部引用させていただきましたが

その通りだと思います。

技術職に関わる専門会社は

やはり人材育成をおろそかにしてはならないと この本を読んで改めて思いました

この記事を読んでおられる方は是非一度手にとって読んでみてください。

新規のブログを開設しました。

気に入った記事等がありましたら

コメントなどお願いします

※ 但しスパムのコメントや誹謗中傷するようなコメントはお断りします

そのような行為があった場合は何らかの法的処置をとらせていただきます。

無料の小冊子プレゼント
無料の小冊子プレゼント
当ホームページ作成管理運営者のページ
当ホームページ作成管理運営者のページ
ブログ記事のカテゴリー