左官工事等でお困りの方は当社迄ご相談下さい。Tel 045-824-0802 Fax 045-824-0872

会社のブログ記事

会社での出来事やコラム・時事ネタ等アップ致します。

皆さんこんにちは久しぶりのブログの更新です

前回の更新からしばらく立ちましたが如何お過ごしですか?

今日は久しぶりに職人育成について非常に理にかなった本をご紹介します。 ※ 実際に私も読んでみて共感しなるほどと思いました。

下記のアマゾンリンクをクリックしてみて下さい

※ 書籍の詳細ページは下記をクリック 書籍『新たな“プロ”の育て方 なぜ左官屋で若者と女性が活躍できるのか』|原田左官工業所

※ 原田宗亮氏の最新刊です職人の育成についての本であり これから職人を育成していく為の教科書的な内容になっております

ちなみに氏が代表を務める (有)原田左官工業所のホームページ下記のリンクをクリック 原田左官工業所のホームページ

この左官という業界においてモデリングを適用すると言うのは、 ある意味画期的な事であり言葉やマニュアルでは表現できないような 人としての五感や体感覚で覚えていかなければならない職人にとっては 理想的な育て方でもあり教育方法であるとも思います

ここで初めてモデリングと言う言葉を聞いた人に

少しモデリングについて説明します。

モデリングとは一言で言えば真似る事、

つまり相手のやっている事やうまくいっている人の真似をしていく事です。

又、同じような意味合いとして使われている物として ミラーリングというのもありますがちなみにこれは 相手の動作や所作を真似る事言う事です

同じような意味合いで使う人も多いですが

ここでモデリングと

ミラーリングの

何が違うのかと言うのを少し説明します

まずミラーリングについては相手の動作や所作を真似ていくと言う事では 確かにモデリングに似ているのですが ミラーリングはあくまでも相手の動作や所作を真似ると言う事に特化しているので 特に営業職の人等が相手に信頼感を得る為の心理テクニックとして使われる事が多いです 相手に対してミラーリング行うと相手は心理的に自分と同じだと錯覚を起こしやすくなり好感を得やすいのです

具体的に使い方の例としては、

相手がもし何かお茶とかコーヒーとか飲み物に手出したとき自分も 同じように飲み物を手に取る等

又、相手が足を組んだりしたときに自分もさりげなく足を組む又は手を組む等の動作をするのです… Continue reading

更新が遅くなりましたが

今年もよろしくお願いします

今年は2017年から

非常に 寒さの厳しい年になってしまいましたので

現場で最前線で働いている方も

風邪等に十分に気をつけて頂きたいと 思います

それでは今後ともよろしくお願い申し上げます

スタッフより

どうもこんにちは、

久々に本格的にブログの記事を更新をしようと思います 相当ブランクが開いてしまいました。

さていきなり左官職人に対していきなり冷や水を浴びせるな記事になってしまうかもしれませんが、

顧客や取引先の企業でも左官屋さんと言う存在は、まず壁、床、天井等平面に塗れる事が最低の基準でありそれをひけらかし自分は腕一本でやっているという錯覚に囚われている左官職人が非常に多いと私は思います、

しかし現場を見ていると工事が雑だったり職人さんの態度や振る舞い等、目に余るような行為も、見かけます、このようなことでは、いずれ色々な顧客や取引先にクレームがつきやがては、得意先から、仕事を回して貰えなくなる危険性もあるわけです。

しかし、それにも関わらず態度を改めない人や横柄な態度をとる人、生意気な事を言う人は、もうその時点で負け癖のついてる人です、もっと言えば、もう本気で勝つ気とか成長しようという気は無く、 ずっと居心地の良いところでぬるま湯に浸っていたいんだと思います。

昔このような寓話を聞いたことがあります、

ゆで蛙現象

と言うのですが、水を張った大きな鍋に蛙をいれ火にかけます 最初は蛙も冷たい水から段々と暖かいお湯に変わって気持ち良さそうに鍋の中に浸かっている蛙なのですが、 そのうち暖かいお湯がさらに熱いお湯に変わっていきます、 しかし、この時点でも、まだ蛙は、何だか少し熱くなってきたなと思うだけで、なにも考えようとせずまだ湯に浸っています、

しかしその熱いお湯から熱湯に変わった時点でやっと自体の深刻さに気がつき慌てて鍋の中から出ようとするのですが 時すでに遅し、すでに蛙は完全に茹で上がってしまい鍋のなかで死んでしまうと言う寓話です。

なにが言いたいのかと言うと、

事態の深刻さに目を向けず考えようともしない人間は、 今の寓話に出てくる蛙と同じで深刻さにも気づかず怠惰に生きてしまった証拠なのではないのだろうか、思うのです。

上の寓話のように怠惰に生きるのではなく きちんと考える力がなくては今後、この業界も厳しくなるのかもしれません。

考える力については、又今度別の機会に書こうと思います。

今日はここまでにします

では。

※ 当社でお世話になっている左官資材総合商社である 株式会社高商さんがホームページ開設しました おめでとうございます アクセスしてあげて下さい。よろしくお願いします。

ホームページリンクは下記のリンクをクリック 株式会社高商 | 左官材料・各種塗り替え(内外壁・屋根)なら何でも (株)高商

※ こちらも常にお世話になっております建築総合商社 株式会社 関東マテリアルもホームページを開設しております こちらもアクセスしてあげて下さい。よろしくお願いします。

ホームページリンクは下記をクリック 株式会社関東マテリアル

建設業界に焦点をおいた

Webマーケティングに関する

書籍です

あの経済学者 ピータードラッカーの考え方に基づいた 書籍ではありますが

建設・建築・リフォーム関連の 会社でホームページ運営や考え方 等についても考えさせられる

一冊です。

ご興味がありましたら 下記のリンクをクリックして頂ければと思います

ドラッカーの教えを活用した「建設業のウェブマーケティング」-売り込まずに売れる仕組みづくりのポイント

それでは。

どうもこんにちは

久々にブログを更新します

前回の更新から結構3~4ヶ月程度

立ってしまっているのですが

中々ブログ更新が出来なく本当に申し訳なく思っております

と言う訳で

久々のテーマですが 職人さんをうまく使うには?(パート2)と言うタイトルですが パート2があると言うことはパート1もあるのか? と言うことなんですが

その記事は下記になります。よろしければご覧下さい

職人さんをうまく使うには?(パート2)

さて、人って仕事をしていると いろんな人と合う機会も多いと思いますが

中には、頑固な人や融通の利かない人 話をしても中々分かってくれない人

こういう人には本当に困り果てると思います

職人さんというのはとにかく多かれ少なかれ

自分の満足のいく納得の出来る仕事がしたいと言う強烈なこだわりが あるためどうしても妥協できずに

仕事でも折り合いつかなくトラブルになってしまうことが多々あります

ここで職人の心理という物を理解して頂きたいのですが

すべての人に限った事ではありませんが 多かれ少なかれ

職人・技術職・又は研究職等でもそうですが、自分たちの仕事観とでも言いましょうか?

半ば 6~7割方

自分の仕事に対して自分のやった仕事をを認めて欲しい

又は 物を作ったりする職人等は自分の作った作品を評価して欲しいと言うように考えて おります

そして評価されてその上でそれに見合うお金がもらえれば良いなと言うように考えている傾向が あります

職人・技術職・又は研究職や専門職の人にとっての

仕事と言うのは言うなれば 芸術家やアーティストに近い感性で働いているんですね。

しかしそこにビジネス等のお金や予算が絡むような話になっていくと

こういった感性が人一倍強い人はとたんに話がかみ合わなくなりトラブルになってしまう事もあります

ある意味では… Continue reading

どうもこんにちは、

 

今に始まった事ではありませんが、職人さんを使うのは本当に難しいと思います。

ベテランの職人になると職人の中でも我儘になったり我が強すぎて天狗になってしまったりと

この左官という業界だけではなく特定の技術やモノづくりに従事している専門職の会社や事業所等 では、人材の育成と言うのは本当に深刻な問題だと思います。

なぜ、このような技術職等の人材育成が困難なのかと言うと

幾つか原因が挙げられますが

まず一つ目は

過去においてすべて経験者達の長年のカンと経験によって今までやってきたために ノウハウや技術のマニュアル化

すなわちナレッジマネジメントのやりにくさにあります。

専門のノウハウや技術叉は社内や業界情報の共有化の難しさにあると思います。

なぜこのような事を言うと

まず大抵の職人さんはすべての職人さんに当てはまるとは言いませんが

一番は、指導するベテラン職人のコミニュケーションにおいての表現力不足 であるのも一つの原因です。

具体的には説明する時のアウトプットの能力です。

いかに相手に応じてわかりやすく伝えるか正確に伝わっているか

さらに言えば自分が何を言うかではなく 自分の発した言葉や説明が相手はどの様な解釈や理解で受け取ってくれたのか。 それは、職人と言えども一人の人間である事に変わりありません ですからそれぞれに解釈の違いや理解の仕方は人によって違うからです。

これが分かっていないと未熟な指導者は、「何度も教えているのに何で覚えられないんだ」とか 「物覚えの悪いやつだな」とか「理解力の乏しいやつ」とか簡単に相手のせいにして バッサリと切り捨ててしまうのです。

はっきり言いますが、教わる方が物覚えが悪いからでも理解力がないからでもありません

指導する側のあなたの教え方がまずいから覚えられないのだ!と断言します

それは指導していく側も真剣に考えていかなければならない課題であると 思います。

次に二つ目の問題として

職人さんにも様々なタイプがいてそれぞれにアプローチの仕方を変えて いかなければ職人さんとの本当の意味での信頼関係が成り立たないという事です。

いろんなタイプの職人さんがいますが

基本的にはどこかの会社に所属して会社の命で動くか独立して一人親方でやっているのか?

様々ですが、どちらにしても共通して言える事は、多かれ少なかれ非常に我が強いと いう事があげらます。

その前に職人を含め使われている側の労働者の目線として

その心理を幾つかあげさせて頂きますが。

まず3タイプの人がいると考えてください。… Continue reading

今日の記事ですが。

今と昔とでは、職人の考え方が多種多様になってきていて

私としても少々戸惑うところがあります。

これも時代の流れなのかと思いに耽る事もあります。

昔の職人さん特に現役で今でも頑張っている職人さんは すでに60~70歳の高齢になってきており

その世代の職人さんは、腕はあるが、結構人間的にも一癖も二癖もある方も多かったように 思います。

ですが、今の職人さんはだんだん仕事のやり方そのものも進化してきており

「お金が欲しくて働いているだけだ」と言うようにドライな考え方の人もいれば 「将来独立するんだ」とか言って野心に身を募らせながらひたすら腕をみがいている人もいます。

そのようなわけで若い職人さんは、 いろんな考え方を持っているかも しれませんが

先輩のやり方などをよく見て欲しいと常に思うところです。

その中で一つ言えるところは、若い職人は、 先輩の職人から大いに技術をまねて盗み取って欲しい と言うところです。

又ベテランの職人さんも経験や技術は負けてないけどその代り 若い職人からも逆に教わることもあります!

それは

いろんな新しい考え方や、発想・創造力・アイディア等です。

これは、すでに固定観念で頭ががちがちになっている ベテランでは、どうにもならないところかもしれません。 ※ 訓練次第では多少は頭が柔らかくなるかもしれませんが (;^_^A

反対に若い職人は、ベテランの技と技術を大いにまねて盗み取ってください。

若い職人や新人ではどうしてもベテランに永久に勝てないところがあるとすれば

それは、長期間、時間をかけて培った膨大な経験値です、 こればかりはどう逆立ちしても、先輩やベテランにまず100パーセントかないません。 しかし実践経験ではかなわなくても努力でカバーする事は出来ると思います これに関しては、経験で勝とうとか見返してやろうとは思うべきではありません。

むしろそのベテランの経験を利用させてもらうべきです。

それが普通の一般企業で言えば上司の立場を理解し 上司をうまく立てて上手く上司を使う部下と言うような図式になります。

そしてこれは職人の世界すなわち弟子と親方の関係でも 当てはまると事だと思います、… Continue reading

どうもしばらくです。

さて今日の本題は、若い職人をどう育てていったら良いかと言う事を 少し記事にしてみたいと思います よろしくお願いします。

前回の記事でも少し記事にしましたが、 若い職人がなぜ集まってこないかというのは、 やはりこの業界その物に不安を抱いているからであり

例えばネットなどでも検索してみると、 とにかく夢のない事や現実は厳しいと

不安をあおるような記事等が数多く見かけます、

現実問題として確かにそのとおりなのかもしれません。

さらに修行も決して甘くないためそれに 耐えられない若い人もいるという事も事実でしょう!

しかし一番の原因は、今必死に今この業界で頑張ってくれている 親方・先輩(ベテランの職人)の指導や教え方にも問題があるように思います

これを深く掘り下げて考えてみるとある一つの事実が浮かび上がってきますが、

それは

結局教えるほうも人に対してどう人に教えていったらいいのか どう導いていったら良いのか教えるほうもわからないと言う事実です

そもそも人に対して教えるという事の本質をわかっていない為に 少しできなかったり少し失敗するとわかっていない人はすぐに罵倒したり怒鳴ったり 平気で人の人格を全否定するような事を言ったり

もっとひどい例では、ちょっと失敗しただけで平気で暴力に訴える人もいます

それでも負けん気の強い人だったらそれでも何とか見返してやろうと かえって意地になって頑張る血気盛んな人もいるかもしれません (※ このような負けん気が強くて勝気なひとだったら いっそ厳しい親方等にあえて弟子入りしたほうがかえってバランスが 取れてちょうどいいのかもしれませんが(笑))

いずれにしても人をきちんと導いて育てて行ける人と技術やノウハウは素晴らしい物があるのに 人を育てられない人の違いその差は!

本質的な絶対条件として指導する側がその人に対しての 自分が培った技術やノウハウ等伝授する覚悟が あるかどうか?ここに尽きる思います

それは、 優しく教える人だろうが 厳しく教える人だろうが

本気でやる気があるなら 何とか一人前にしてやろうと言う共通の思いがあります、… Continue reading

無料の小冊子プレゼント
無料の小冊子プレゼント
当ホームページ作成管理運営者のページ
当ホームページ作成管理運営者のページ
ブログ記事のカテゴリー