左官工事等でお困りの方は当社迄ご相談下さい。Tel 045-824-0802 Fax 045-824-0872

Webマーケティング

もしあなたが、

苦労して記事を書くのは嫌だけど、 イイ記事を書きたい!

と思っているなら、 この記事は重要です。

あなたも私と同じよう記事を書くのが 辛い、しんどいと思う時があるでしょう。

人間ですから調子の乗らない時は 誰にでもあります。

しかし、現実問題私たちは、

お客さんをもっと集めるために お客さんをファンにするために

私たちは記事を発行し続けなければ いけません。

それだけでありません。

それに、、、

苦労して書いた記事でも 結局これでいいのか?

と自信を持てないこともあります・・・

しかし、、、

私は最近ある本を読んで 楽にイイ記事を書ける方法を見つけました。

それは、単にイイねを集める方法ではなく 売上に直結する記事を書く方法です。

その方法が書かれた本を これからこちらのページで 3分で紹介しようと思います。 ↓ http://directlink.jp/tracking/af/1153698/po6jHAGN/

その中には、、、 本当に簡単に書けるちょっとズルい方法や

そのまま当てはめるだけで 記事が書けてしまうフォーマットもついています。 ↓ http://directlink.jp/tracking/af/1153698/po6jHAGN/

PS. この本は 日本一のマーケッター神田昌典さんも おすすめしている一冊です。

億万長者のお金を生み出す 26の行動原則 P86より(要約・編集)

====================

私は、”糖尿病患者のための歯科医”と 銘打って、地域に1人、 糖尿病患者を専門に診察する 歯科医を育てるプログラムを作った。

このプログラムで訓練を受ければ 年収数十万ドルの歯科医になれる。

自己申告であっても、 他とは違う得意分野を 持っていれば、 専門家として権威を 得ることができるのだ。

専門性の高いサービスに対して 支払いを渋る客は 滅多にいないので 高い料金を請求して、 平均を上回る収益を 上げることが可能になる。

お望みなら客を少数に限定して、 より高額の料金を 請求することも可能だ。

私のクライアントの チャールズ・マーティン医師は 世界屈指の歯科医であるだけなく、

「長生きのための歯科治療」や 「健康を促進する歯科治療」を 専門としている。

このため、全国から患者が訪ねてくる。

彼の患者は4万ドルから7万ドルもの 高額な治療費を支払うが、

「その辺の」歯科医は同じだけ働いて その4分の1程度の報酬を 得るのがやっとだ。

クライアントの1人である ダリン・ガーマンは、

アメリカの中心地にある… Continue reading

あなたは起業でこんな間違いをしていませんか?

・なぜ、商品が良くても潰れる会社が  後を立たないのか、あなたは知っていますか?

・もしあなたが、カイロプラクター、  歯科医、エステティシャンなどのサービス業なら、、  なぜ腕がいいだけではダメなのか、  あなたは知っていますか?

・なぜ、全てのお客さんに  丁寧に接してはいけないのか、あなたは知っていますか?

「マーケティングの教祖」と呼ばれる マイケル・ポートによると、

これらが起業したての初心者に限らず、 経営者のほとんどが知らずに 犯してしまう間違いの一例です。

しかしこれらは、 もっとも致命的な間違いに比べれば とるにたらないものです。

それは、、、 ↓ http://directlink.jp/tracking/af/1153698/Du1Heq3S-22l1JG0B/

もし、あなたが

・もっと粗利が欲しい。薄利なビジネスから卒業したい。 ・値引きやセールに頼らずに安定した売上を上げたい。 ・繰り返し買ってくれるファンのようなお客を作りたい。 ・クチコミで商品が売れていくような会社になりたい。

といったことを考えたことがあるなら、

この本 「利益を生み出す熱狂ブランドの作り方」 は非常に価値のある一冊になるかもしれません。

http://directlink.jp/tracking/af/1153698/suAmhfF3/

そもそもブランドとは何でしょうか?

ウィキペディアによると

「ある財・サービスを、他の同カテゴリーの 財やサービスと区別するためのあらゆる概念。」

とあります。

ブランドとはその分野において 顧客から「区別」される 特別な存在というわけです。

大量にある類似商品の中から 区別している、ということは、

その会社やその商品の ファンになっているということです。

そして、ファンというのは 普段は固い財布の紐を緩めて ブランドの商品を買ってくれます。

さらに、ファンはファンを呼ぶので ブランドはますます儲かるのです。

とすれば、もし、ビジネスを 成長させたいならブランドについて 学ばない理由はありません。

ところが、大抵の中小企業は ブランディングというのは大企業が 取り組むものだと思い込んでいて 真剣に考えようとはしません。

しかし、この本の著者によると 小さな会社のブランドでも 「ニッチプランド」と言う ブランディングの方法があります。

中小企業でもブランドを作ることは… Continue reading

皆さんどうもこんにちは

実業を営まれる方にとって、 毎月の売上が安定して入るというのは、 喉から手が出るほど欲しいものですが、

経営者として一番怖いのは、 毎月のお金の流れが止まってしまう事。

または、ゼロにはならなくとも、 売上が安定して立てられなかったら、 内心、気が気ではない・・・

そう思われる方も多いです。

また、会社を経営していく上で 急いでまとまったキャッシュを 用意しなければならない事だって、 あるかもしれません。

その時になってから、 慌てて金策に走る、、、

それで何とかなればいいですが、 ならない可能性だってあります。

そう考えると、 銀行などに頼るのではなく、

『毎月の売上が200万、300万と 安定して入ってくる仕組み』

『まとまったキャッシュを 確保するために、

一回で1億、2億と非常に大きな額の 売上を作れる仕組み』

この両方を自前で作る方法を知って 対応しておくのは、経営者として 急務だと思います。

とは言え、、、

・どうやったら、そんなやり方が 学べるのか?

・そもそも、そこに時間を割くだけの 価値はあるのか?

・あまりにも難し過ぎて、特別な技能を持つ 人にしか通じないような、そんな話じゃ ないだろうな?

そう思われるあなたに、 是非知っておいていただきたい

「7種類のプロダクトローンチ」… Continue reading

彼のコンサルティング料金は1日最低128万円。

コーチングプログラムは年間320万円。

広告キャンペーンのプロジェクトでは、 1プロジェクトあたり1,000万円以上、 プラス売上に応じたロイヤリティ、、、

これは、世界屈指の億万長者メーカーで、 マーケティング・コンサルタント、 そしてコピーライターのダン・ケネディに 仕事を依頼したときのフィーです。

「こんな料金で誰が申し込むんだ?」 と思うかもしれませんが、 彼のサービスはいつもキャンセル待ちの状態です。

なぜ、こんなに高い価格を設定しても クライアントは彼に仕事を依頼するのか?

これは「需要と供給」のような 単純な話ではありません。

そこには、ダン・ケネディ独自の 「価格戦略」があります。 ↓ http://directlink.jp/tracking/af/1153698/99YDG02L/

この価格戦略により、彼は 高額のフィーを請求しながらも、 仕事の依頼が絶えることがないのです。

もしあなたが、 ダン・ケネディの価格戦略を使って、 自分のビジネスの利益を最大化したいのなら、 彼が自らその方法を公開してくれています。 ↓ http://directlink.jp/tracking/af/1153698/99YDG02L/

ここにある2人の営業マンがいます。

ある営業マンは、、、

いつも3億円を超える住宅の契約書を 当たり前のように書いています。

一方でもう1人の営業マンは、、、

3万の携帯電話のセールスで しょっちゅう壁に突き当たっています。

2人とも仕事熱心で努力家で養うべき家族がいます。 しかし、その業績は驚くほど違います。

なぜ、ある営業マンは 多額のコミッションを受け取り、

一方で別の営業マンは、 暮らすのにやっとの収入しか得られないのか?

その答えはどこにあるのか? なにか魔法のようなテクニックがあるのか?

その答えこそがが、、、”消費者心理学”です。

これこれ人々にものを買わせるパワフルな原理です。 この原理は、セールマンが売っているものが 何であるかに関係がありません。

なぜなら、 あらゆるビジネスに有効だからです。

この「クロージングの心理技術21」は、 間違いなく役に立つ消費者心理学の強力な 21のテクニックを教えてくれるでしょう… ↓ http://directlink.jp/tracking/af/1153698/pSw71woV/

さらに、これらの原理をあなた自身の セールストークにどう組み込めばいいかを、 数十に及ぶ実際のスクリプトで示しています。

あなたはこの本を読むことで、 次のような秘密を知ることが出来ます・・・

・相手の意識レベルに応じて  あなたのセールストークを調整する方法

・恐怖という強い感情を利用して、  極めて頑固な相手さえ納得させる方法

・ライバルを打ち負かす方法

・セールストークで決してしてはいけないこと

・他人の信用を借りて… Continue reading

”顧客の意見に耳を傾ける”

ビジネスに携わる人間なら、 誰しもがわきまえるべき事ですが かの大企業コカ・コーラ社でさえ、 この点において過去に一度 大きな過ちを犯しています・・・

マーケティング史上名高いとも 言われているマーケティングの失敗例、 1985年に販売された「ニューコーク」 という商品にまつわるエピソードです。

CEO、ロベルト・ゴイズエタ(当時)は 当時最大のライバルだった「ペプシ」と コーラ戦争を繰り広げていました。

そしてロベルトはその戦争に 負けてしまうかもしれないという危機感から、 旧来の製法に替えて、もっと甘く、 炭酸が少ない新製法を導入することを ほぼ独断で決めてしまったのです。

そうして販売されたのが、 「ニューコーク」という新商品でした。

当時、敵側ペプシのCEOを務めていた ロジャー・エンリコは 初めてニューコークを試飲した時の 感想を皮肉してこう述べています。

「どうやってあんなものを こしらえたかは神のみぞ知るだが、 失敗作だったことは確かだ」

そして案の定、ニューコークは 販売からわずか78日後には消え去り、 旧バージョンのコカコーラが 「コカ・コーラ・クラシック」として 返り咲いたのです。

こうして、赤っ恥をかくどころか 会社に大きな損失まで出してしまった 当時のCEOロベルトですが、 もっと「味方を増やす技術」さえ身につけていれば こんな大失敗をする事もなかったでしょう。

共感する者を集め、味方を増やし、 新しい企画を通す具体的な方法さえ知っていれば、 ビジネスはもっともっとやりやすくなります。… Continue reading

あなたは知っていましたか?

なぜ、90%の起業家は5年以内に失敗するのか? なぜ、商品がよくても、技術があってもダメなのか? 起業で成功するための、たったひとつの条件とは…

この話は、 80%~90%の起業家が失敗する最大の理由です。 なので、 注意して読んでください。

ゲーリー・ハルバートという今は亡き、 世界で最高のコピー ライターと言われた男の セミナーでの話。

セミナーでゲーリーは参加者にこんな質問をしました。

「もし、オレとあんたらが ハンバーガー屋を始めたとする。 それで、誰 が一番売れるか競争したとする。 そしたら、あんたは、 その競争に勝 つためにどんな”条件”が欲しい?」

答えはバラバラでした・・・

「隠し味に使う秘密のソースが欲しい」 「最高のハンバーガーを作るた めに最高の牛肉が必要だ」 などなど、中には「最高の場所」と言った 者もいた。

ゲーリーはこう答えた。

「OK。あんたたちにその条件を全部くれてやろう。 全部の有利な条件 をあんた達にやった所で、 オレはたった1つだけ欲しいものがある。 それさえあれば、オレはあんた達全員を打ち負かす事ができるぜ」

「一体、何が欲しいんだ?」参加者は聞いた。

「オレがたった1つだけ欲しいもの、、、それは・・・」 彼は答えた・・・ ↓ http://directlink.jp/tracking/af/1168424/cmQnLHdj/

警告:

もし、あなたが会社員なら、このビデオには あなた自身のこれまでの会社員人生を 自己否定することになるかもしれない内容 が含まれています。

ご覧になられる場合は自己責任でお願いします。

あなたは、このビデオを見ることで、

あなたがこれまでの会社員人生で 積み重ねてきた努力や、 それにかけてきた時間が

「すべて間違ったものであった」

と、自分自身で気づいてしまう、 認めてしまうことになるかもしれません。

でも、

もし、あなたがこれまでの会社員人生を振り返って、 自分の足元だけを見て、 ただ早く、ただ前に、 進みつづけてきた会社員人生だった、 と思うのなら、

あなたがこれまで進んできた道の その先がどこに続いているのか、 顔を上げて一度高い所から その先に目線を移してみる、

そうすることで、あなたが 望んでいる理想の状態、

それは収入かもしれませんし、 家族や子供との時間の過ごし方 かもしれませんが、

その理想の状態にたどり着くための、 正しい道を選び直すキッカケになれば、、、

このビデオを作ったのは、 そういう理由だからです。

ビデオはこちら ↓ 詳しくはこちら

無料の小冊子プレゼント
無料の小冊子プレゼント
当ホームページ作成管理運営者のページ
当ホームページ作成管理運営者のページ
ブログ記事のカテゴリー