どうもこんにちは

今回は前回のお記事でも予告しましたが

HP・ブログ・メルマガ等の本当の使い方!と言うテーマで書きます。
よろしくお願いします。

最近では殆どの業者はホームページを公開していると思います。

しかし中にはそうでないところがあります。
もしホームページを公開していない業者がいたとしたら

それは、すでに信頼関係が出来上がっている既存のお得意様を確保しているか

叉は非常に小さいビジネスモデルでホームページを公開する必要はないと考えている
業者や個人経営の事業者だと思います。

今回はホームページを立ち上げているにも関わらずいまいち反応が薄いと言うケース
について少し記事にさせて頂きます。

集客等に何かの参考になれば幸いです。
まず第一に言えるのは、ホームページを公開するという事は、

それが、どのような業種であろうとも、
ネットビジネスに参入すると言う事をまずわからなければなりません、

そしてネットビジネスに参入するという事は、
インターネットの裏側には常に見えない
潜在的なお客が存在するという事でもあります
それは、実際に店等を構えるようなリアルビジネスでもその真理に変わりはありません。

つまり実際に買ってくれるもしくは使用してくれるお客の心理を理解する事ができなければ、

今のビジネス(商売)と言うのはどんな業種であろうと
売るのは難しくなってきていると言う事でもあります。

一昔前の時代であれば強烈な営業攻勢をかけて電話しまっくたり飛び込み営業したり
といういわば「お願いビジネス」が一般的だったかもしれません。

では今の時代どの様な手法があるのかとい言う事なんですが、

それを話す前に、まずは、最低限覚えておかなければならない

お客の心理と言う物があります。
それはなにかと言うと

基本的に人と言うのは人から何かを売り込まれるのは嫌いという事です。

せいぜい飛び込み営業などしたり電話営業したとしたとしても
よくて「まあ一応考えとく」
一言で終わってしまう場合もありますし
場合よっては「しつこいぞもう来るな」

罵声を浴びせられ塩等まかれたりすることもあります。

ですから何度も言うように人は人から売り込まれるのは嫌なんです
まずこの事を明確に理解しておかないと絶対に成果を上げる事は難しいでしょう。

更に言えば人と言うのは

物を買う特に高額な物ほど疑心暗鬼に陥りやすい所もあります
※ 補足として逆のパターンとしてかえって値段が高いほど信用されやすく
逆に値段が安い程かえって疑われると
いと言う例もあります。

どちらにせよ最初の時は

見ない

聞かない

信用できない

その結果購入(契約)に至る行動を起こしてくれない

と言うのが人間の通常の心理です。

ではそんな中、どうしたらいいの?
ということなんですが、

一言でいえば売り手と買い手の信頼関係をきちんと構築出来る!
これが非常に重要になってきます

その信頼関係を気づきあげていくためにも

その為にはまずは前の記事でも書いたと思いますが
メルマガ発行やブログ等を公開して有益な情報発信をして
徐々に読者(見込み客リスト)を集めてください。

※ ちなみに前回の記事は下記をクリック
ニッチな仕事で上手く集客するには?

これはブログ・メルマガだけではなく
フェイスブック等のSNS(ソーシャルメディア)でも基本的には同じ手法が使えます。

「それは分かったでも一概にメルマガ発行しろとブログ公開しろと
言っても何を発信したらいいのかわからない」
と言う方もいます。

それに関しては前回の記事を参照して頂けると幸いです。
ニッチな仕事で上手く集客するには?

なぜメルマガやブログを発行しなければならないのかその理由を述べます。

それはメルマガやブログを公開し読者集めていくという事は、すなわち多少なりとも
その商品・サービスに興味を持ってくれたと言う事になります。

という事はどう言う事かと言うと
将来もしかしたら上得意の顧客になってくれるかもしれない
見込み客を確保できたという事です

そしてその見込み客に対して決して売りたい商品やサービスを売り込むのではなく
徐々に少しづつ有益な情報やノウハウ等を提供したり
叉は無料の特典やお試し等のサービスを

メルマガやブログ・HPの中でオファー(提案)を
かけ少しづつ見込み客をファンとしていくように

いわば見込み客を自分の会社等のリピーターとなってくれるように
お客を育てて行く・見込み客の教育を施していくと言うのが
メルマガやブログ・HPの有益な使い道の一つなのです。

その様に少しづつ無料などの特典や情報等で
見込み客の購買欲や期待感等を少しづつ刺激し
この人だったら大丈夫だな、この会社だったらまず間違いないと
安心させた上で少しづつこの人・この会社が
提供する商品・サービスが欲しいと思わせるように教育をして行く事なのです。

それは究極的に言うと様々な情報発信などして徐々にファンに
なってくれるように見込み客を育てて行く・教育を施していくとともに、
イコール見込み客と徐々に信頼関係を構築して行くと言う事につながります
そしてそれは最終的に人がお金を払って買いたいと思うとき

それはこの人叉は会社が提供する商品・サービスだったら欲しい・叉は使いたい
と言う感情が刺激されて購入叉は契約に至るからです。

そしてその期待感や欲しいと言う感情が最大にマックスになった
状態を見計らった上でで今度は本当に
売りたいもののオファー(提案)をかけていくのです。

※ この時も決して「買ってください」と強引に売り込みめいたものではなく

例として

「今回いつもメルマガやブログを購読してくれている
ファンの皆様の為に少しでもお役に立てるようにこの度、
このような商品・サービスを開発・提供させて頂きます、
つきましては詳しくは以下の案内ページにアクセス頂ければ幸いです
(もしくは「詳しい詳細はこちらをクリック」)」

と言う風に商品・サービスへの案内ページ(リンク)に誘導していくのです、

そして案内ページに誘導した上でお客に購入するかしないかと選択権を与えた上で
叉少しづつオファー(提案)をかけていくと言うような感じです。

そして最後には、お客の方からこの商品叉はサービスを
「今回購入したいんだ・使いたいんだ」と
お客の方から率先して申し込んでくれるような流れに持っていく事なのです。
具体的には、ホームページの申し込み(お問合せ)ページに誘導する
と言うのが非常にうまいメルマガ・ブログ等の使い道です。

ですからまずは有益な情報を少しづつ発信してどんどん見込み客を増やして言ってください。

※ 参考までにもしブログであれば、最初はアメブロをお勧めしたいと思います。
アメブロは、サイバーエージェントが提供しているブログサービスですが、
ほかのブログサービスとは違い
若干フェイスブックやミクシイ等のようなSNS的な機能もあるので
アクセスを増やすのに向いております。

※ 注意点としてはメルマガにしろブログにしろ情報を発信する
時はあくまでも情報を小出しにして少しづつ発信するという事を心がけてください、

と言う訳で今回の記事は如何でしたでしょうか。
少なくても集客や見込み客に対する考え方などは理解して頂けたとおもいます
これだけでもかなり秘匿性の高い濃い内容の記事だと思っております。

この記事をみて他の同業者等の集客等に少しでも役に立つと幸いです。

それでは、本日の記事はここまでにします
ありがとうございました。