皆さんこんにちは久しぶりのブログの更新です

前回の更新からしばらく立ちましたが如何お過ごしですか?

今日は久しぶりに職人育成について非常に理にかなった本をご紹介します。
※ 実際に私も読んでみて共感しなるほどと思いました。

下記のアマゾンリンクをクリックしてみて下さい

※ 書籍の詳細ページは下記をクリック
書籍『新たな“プロ”の育て方 なぜ左官屋で若者と女性が活躍できるのか』|原田左官工業所

※ 原田宗亮氏の最新刊です職人の育成についての本であり
これから職人を育成していく為の教科書的な内容になっております

ちなみに氏が代表を務める
(有)原田左官工業所のホームページ下記のリンクをクリック
原田左官工業所のホームページ

この左官という業界においてモデリングを適用すると言うのは、
ある意味画期的な事であり言葉やマニュアルでは表現できないような
人としての五感や体感覚で覚えていかなければならない職人にとっては
理想的な育て方でもあり教育方法であるとも思います

ここで初めてモデリングと言う言葉を聞いた人に

少しモデリングについて説明します。

モデリングとは一言で言えば真似る事、

つまり相手のやっている事やうまくいっている人の真似をしていく事です。

又、同じような意味合いとして使われている物として
ミラーリングというのもありますがちなみにこれは
相手の動作や所作を真似る事言う事です

同じような意味合いで使う人も多いですが

ここでモデリングと

ミラーリングの

何が違うのかと言うのを少し説明します

まずミラーリングについては相手の動作や所作を真似ていくと言う事では
確かにモデリングに似ているのですが
ミラーリングはあくまでも相手の動作や所作を真似ると言う事に特化しているので
特に営業職の人等が相手に信頼感を得る為の心理テクニックとして使われる事が多いです
相手に対してミラーリング行うと相手は心理的に自分と同じだと錯覚を起こしやすくなり好感を得やすいのです

具体的に使い方の例としては、

相手がもし何かお茶とかコーヒーとか飲み物に手出したとき自分も
同じように飲み物を手に取る等

又、相手が足を組んだりしたときに自分もさりげなく足を組む又は手を組む等の動作をするのです

このように

ミラーリングは相手の動作や所作を合わせ鏡のように動作や所作を真似て一緒にすることによって
ラポールを(信頼関係)を気づくのに利用されています

ミラーリングを使う人は営業職や何かの交渉等で相手に良い印象を与える為に行う心理テクニックの一つでもあります

※ 補足としてミラーリングを使う時の注意点としてあまりやり過ぎると返って相手から怪訝な表情をされて
むしろ相手を不愉快にさせたり最悪怒らせてしまいがちなので相手に気づかれないような
分らないようにさりげない程度に実行するのが最も効果的なミラーリングの使い方です

対してモデリングについてですが

モデリングも相手を真似ると言う事についてはほぼ重複したスキルなのかもしれませんが

実はモデリングの本当の神髄であり考え方とは

相手の動作や所作を真似るだけにとどまらず

あなたが手本としたい人
例えばあなたがあこがれている人とか成功している人等を
又はなりたい人等を手本にして

その人の動作や所作だけではなく
その人の対振る舞いや着てる服装や考え方・価値観・思想等

その人その物になったかのごとく

役者のようになりきってみる演じてみると言うのがモデリングの本当の考え方であります

なので本職の役者さん等もこのモデリングという考え方で
様々な役を演じていると思います。

このモデリングを多用することによってうまくいっている人から徹底的に役者のように舞える事によって
うまくいく方法や成功方法など最短で身に付けることが出来るため

これは職人の世界だけではなくいろんな仕事や業種でも
理にかなった手法だと思います。

逆にこのモデリングがうまく出ない又は自分のやり方に固執してしまうと

技術習得も遠くなりますし成功もどんどん遠くなってしまいます。

人に何かを教えてもらうときでも
例えば

武道の世界でも

守 破 離(しゅ・は・り)

と言う教えがありますが

これも

守 – まずうまくいっている人の真似をして先ずは徹底的に型を身に付けるべし

破 – 守で身に付けた型から更に自分なりにアレンジをしていき型から少しづつ抜け出す

離 – 最後に自分流のオリジナルを確立させ離れていく

この教えも武道の世界だけではなく様々な分野で
理にかなった教えだと思います。

少々長くなりましたが
先ずはうまくいっている人の真似をとことんしてみて一定の型を身に付けることは何をやるにしても重要だと思います。

最後にこの本を書いた

著者に敬意を表しありがとうと言いたいと思います

この本はこれからの職人を育成する為の最もスタンダードな育成本でもあり教科書となり得る本です
同業者や建設・建築業界の方もぜひ一度てにとってみて下さい

職人育成について様々なヒントや気づきがもらえると思います。

下記のアマゾンリンクをクリックしてみて下さい

※ 書籍の詳細ページは下記をクリック
書籍『新たな“プロ”の育て方 なぜ左官屋で若者と女性が活躍できるのか』|原田左官工業所

※ 原田宗亮氏の最新刊です職人の育成についての本であり
これから職人を育成していく為の教科書的な内容になっております

ちなみに氏が代表を務める
(有)原田左官工業所のホームページ下記のリンクをクリック
原田左官工業所のホームページ

追伸

モデリングについて深く学びたい方は、
下記にモデリングついての面白い書籍がありますのでこちらもよろしければ参考にお読み下さい。
※ 注 この本、成功の9割はモデリングで決まる!: 【何もない人のための裏成功哲学】

紙の本では無く電子書籍(キンドル)のみで販売しておりますので
興味のある方は、キンドルの端末を購入するかキンドルのアプリをスマホかPCに導入してご覧下さい

Kindle – 目に優しい電子書籍リーダー: Amazon.co.jp

キンドルアプリの入手はこちら

それから
モデリングも

ミラーリングも

元々はNLPと呼ばれる実践心理学からきています

NLPについて知りたい方は下記にNLPに詳しい詳細ページがありますので
こちらを参照して下さい。

NLPスクール(セミナー)比較ナビ

又、NLP入門書として年代に関係なくわかりやすく書いてある
NLP書籍も紹介します。NLPにご興味を持った方は是非これも手にとって読んでみて下さい。

それでは
最後までお読み頂ありがとうございました。